マチモノ(街の木を活かすものづくりの会)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

クチナシの実をゲット!  

kuchinashi01.jpg

いま仕事をさせて頂いている現場にあったクチナシの木。この季節、特徴的な形の可愛らしい実がたくさんなっています。この実は、古来黄色の染料として利用されてきたものであり、繊維を染めるだけでなく、おせちの栗きんとんやたくあんなど食品用にも使われて来たことでも有名です。

kuchinashi02.jpg

さてこのクチナシの実、ご主人様にお願いしたところ、来年のマチモノカフェ&染色ワークショップの為に使わせて頂けることになりました。毎日現場に詰めているので、完熟したものからひとつひとつ、収穫していきたいと思います。またどんな色に染まるのかとても楽しみですね。

(まだ募集は開始していませんが、来年の街の木で染める染色の会は2月8日を予定しています)
関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木で染色

tb: 0   cm: 0

第7回マチモノカフェ&ワークショップありがとうございました。(ケヤマハンノキで草木染め)  

先日の8日の日曜日はいつもの木工のワークショップではなく、木の樹皮(ケヤマハンノキ)を利用した染色ワークショップでした。

今回もワークショップにご参加くださった皆様を始め、カフェにお立ち寄りくださった方、そして世田谷観音のご住職さまのおかげで楽しい一日を無事終える事が出来ました。
本当にありがとうございました。
とても充実した一日のレポート、長くなりますが、お茶でも飲みながら読んでくださると嬉しいです。
時間のない方は画像だけでもサササーっと眺めて雰囲気だけでも楽しんでもらえたら幸いです。

今回染め物として用意していたのはケヤマハンノキ
hannnoki.jpg

ビワ
biwa.jpg
これはビワのつぼみ。
biwanoha.jpg
こちらはビワの葉っぱ。

そしてクサギ
kusagi.jpg
見ての通り、クサギは量が少なかった為に色を出すのが難しかったです。
そしてビワも葉っぱは若いものより今にも枯れそうな葉っぱがいいそうで、今回の葉っぱは若すぎたようです。
学ぶ事多しですね。
素人目にはイキのいい(?!)若い葉っぱの方が色付きそう、って思ってしまいました。

ゆるりと染色ワークショップスタートです☆
まずは先生より染色についてのレクチャーです。
somemono1.jpg

それぞれ染める布の重さを測ります。
そして凧糸、輪ゴムを駆使して絞り柄を作ります。
sibori2.jpg
ぎゅぎゅぎゅーっとね。
sibori.jpg

外ではお鍋(!?バケツ??)を煮立たせます。
nidasi.jpg
ケヤマハンノキです。アクがすごいですね。

じゃじゃじゃーっと濾します。
nidasi1.jpg
ケヤマハンノキ、紅茶?珈琲並みの色が出てます。

布を入れて煮染めます。
hannnokibiwa.jpg

次の行程は染料を繊維に定着させる媒染です。
今回先生が用意してくださったのはミョウバン
myouban.jpg
あとは鉄媒染。(リンク先はご参考までに)

nidasi2.jpg
色が付いてますね♪♪

鉄媒染すると…
baisen.jpg
somemono8.jpg
化学反応でしょうか、また色がガラっと変わりますね。
今回の染色の先生、とってもキュートなんです♡

somemono2.jpg
皆さん和気あいあいと進めてくださってます。
この雰囲気がまたお散歩中の方の足を止めてくださいました。

今回、皮作家のミトさんが皮を持って参加してくださいました。
持って来た皮は
mitokawa.jpg
牛のお腹の部分です!乳房の部分に穴が空いているのがわかりますよね。
こうして見ると命の有り難み、生きていける事の有り難みを感じずにはいられません。
木においてもそうですが、材料の有り難み、ひとつひとつのものに対する思い入れを新たにさせられます。
そうした事を学ばせてもらえる機会はありそうでない貴重な体験です。

その牛さんの皮も
mito.jpg
こんな風に染め上がりました。
左は染める前のもの、真ん中が1番液で染めたもの、右が2番液で染めたもの(ケヤマハンノキ)。

そろそろお腹がすいてきたころですね♪
7lunch.jpg
今回のランチはビーフストロガノフ、にんじん入りのバターライス、そしてクリスマスを意識してパプリカ、きゅうりのピクルスを添えてます。

そしてデザートも………♥
desserts.jpg
クリスマス仕様です。
下のはシェフの作業台ですが、これも木工の先生が手掛けた作品です。

今回のデザートは
7desserts.jpg
フロランタンとガトーマーブレです。
フロランタンはクッキー生地にアーモンド、キャラメルがコーティングされた風味豊かな焼き菓子です。
ガトーマーブレはマーブル模様が綺麗なパウンドケーキ。

お腹いっぱいになったらまた作業です。
mizuarai.jpg
染め上がったものを水洗いして…
乾かします。
somemono6.jpg

somemono5.jpg
somemono7.jpg
5本指ソックスも魅力的に変身!!

somemono4.jpg
寒い一日でしたが、皆さん焚き火を囲んでおしゃべりはいつもの休日とはまた違ったものだったのではないでしょうか。
我々スタッフも初めての事で、すっかり先生任せにしていたので、幾つかの失敗もありましたが、
皆さんのおかげで乗り切れたと感謝の思いでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

また来年も木工のワークショップと併せて続けて行けたらと思っております。

そしていつも素敵なロケーションを提供してくださる世田谷観音のご住職さま、ありがとうございました。
natsumikan.jpg
代官屋敷の横にたくさんの実を付けていた夏みかんでまたマーマレードクッキーを作らせて頂きます。

今年の6月より世田谷観音さまで始めたマチモノカフェ&ワークショップ、毎回試行錯誤を繰り返しながらも
なんとか年内の活動を無事終える事が出来ました。
スタッフも2足、3足のわらじを抱えたもの同士、時に思いやったり、ぶつかったりしながら進めて行きました。
これもマチモノをよりよいものにしたい、という思いが強いからこそです。
会員になってくださった方が『入ってよかった。マチモノって楽しいね』という思いを強めてもらう為にも
我々はこれからも向上すべく精進していく所存です。

今後とも我々にご指導、ご鞭撻、そしてご協力くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。





関連記事

category: マチモノカフェ&ワークショップ

tb: 0   cm: 0

桜のお引っ越し  

jindaisakura10.jpg

先日伐採した桜の木、(詳しくはコチラをご参照ください→『桜が生まれ変わるとき』)
運搬の日を迎えました。
軽トラでやってきた木こりさん(御年75歳)、まずは桜の木を眺め、どう運ぶかしばし思案。
(歩道、植え込みの木、歩道、そして道路、となっているので、なかなか簡単に運び出すには難しい場所だったのです)

その結果
sakura1.jpg
軽トラ横付け。
植え込みの木の幅も車の幅ギリギリのところ、木こりさんのドライビングテクニックにまず脱帽させられました。

sakura2.jpg
てこの原理でひたすら鉄の棒を駆使してトラックの方へ向きを変え、寄せて行きます。
ムダな力が一切入ってません。
だからといって非力な素人が出来るとは到底思えないのです。

sakura3.jpg
ロープを括り、引っぱります。
途中、下を支えている角材が折れるというトラブルもありましたが、代用品などを駆使して…
(咄嗟の対応がまたすごい)
乗りました。
ただ、トラックから多少サイズオーバーになってしまっているので、ちょっとはみ出た部分をチェーンソーでカット
sakura4.jpg
ここまでの手際のよさにただ、ただ見惚れるばかりです(^o^)
きれいに収まりました。
sakura5.jpg

お尻の方もカット
sakura6.jpg

もう1本ありましたが、それはもう簡単(?!!)に乗っかり…
頑丈に括りつけて
sakura7.jpg
完成!!

そうしてこの桜は製材され、乾燥してきます。
行ってらっしゃ〜い!!
次会えるのはいつでしょうか。来年の春かな??それもまた楽しみです。

元気な木こりさんになんだか元気をもらいました。
関連記事

category: 街の木・木材

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。