マチモノ(街の木を活かすものづくりの会)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

調布のクスノキの製材  


PB050704.jpg

先日、調布で伐採されたクスノキは一足お先に青梅の製材所へと運ばれて行きました。

PB280658.jpg

製材所の周辺は紅葉真っ盛り!

PB280657.jpg

たくさんある木に混ざっていました、いました、クスノキさん!お久しぶりです!

PB280660.jpg

我々は朝9時前に到着したのですが、既に社長さんがここまで木の皮を剥いていてくれました。既に製材所はクスノキ特有の樟脳の香りでいっぱいです!

PB280659.jpg

調布の現場で見ていた時は「大きな木だなぁ」なんてホクホクしていたけど、他の木と比べて見たら案外小さくてビックリ。まるで家電屋さんで見るテレビが実際家に設置されると「こんなに大きかったんだ!!」って驚くのと似てるなぁ、なんて事を思いました。

PB280663.jpg

木は風雨にさらされて来た分、いっぱい汚れています。これをそのまま製材するとあっという間に刃が壊れてしまうので、丁寧に木の皮を剥く作業から始まります。これが案外気持ちよくベロベロ剥けるので楽しいです♪ただ、やはりこれも樹種によって剥き易いもの、剥きにくいものがあるようです。

PB280661.jpg

今回の主役、大きなマシンは50年を超えるキャリア。80歳を超える社長さんのお父さまが持って来た機械だとか。これはどんな新製品にも敵わないと思われます。

PB280666.jpg

ごろんごろんとカット台へ運びますが、当たり前にかなり重たいです。80歳(あまりのすごさにしつこく言ってしまうと思います^ ^;;ご容赦ください)の社長さん、いとも容易くこなしてしまうのです。

02.jpg

何mmの厚みに製材するか、どの方向で製材するか、節を避けるべく間隔よくカットするか、綿密に打ち合わせ。

PB280669.jpg

このカット台は汽車のようにレールの上を動きます。お子さん方が見たら「乗りたい!!」って言う事受け合いです☆

PB280701.jpg

だけど危険です。なにしろ何百キロという木を動かすのですからね。

PB280745.jpg

動かしてる途中でごろん!なんて落下したりしないようにしっかりと押さえつけて…

01_1.jpg

カットして行きます!

PB280773.jpg

PB280857.jpg

社長さんの真剣な眼差し。

PB280841.jpg

切りたてホヤホヤの木はびっくりするくらいビショビショに濡れてました!

PB280792.jpg

そしてカットしてみると思いもしなかった顔が色々出てきます。フシがいっぱいだったり、このコは綺麗だね!って感激があったり。

PB280795.jpg

なんと中で割れてるのもありました。こういった詳しい事情はマチモノ活動報告にて話すので、よかったら併せてご覧ください。

PB280762.jpg

先程綿密に打ち合わせしたとおり、芯(芯の部分は乾燥すると割れやすいのです)を外しながらも均等にカットされてるのです。

03.jpg

ごろんごろんフォークリフトを駆使して転がして皮剥き作業も同時進行。

PB280801.jpg

まるで手足の如く簡単に操作しているサマはホレボレしてしまうレベル。

05.jpg

このように大きく曲がってる木はカット台に収まらないので、短くなるのは残念ですが切って対処します。

04.jpg

ボコボコ出てるコブや切られた枝のでっぱりは、邪魔になってしまうので予めカットします。ひとつひとつの動きにムダが一切ないのです。

PB280805.jpg

残るはこの小さい丸太3兄弟。これらも続々カットして…

PB280829.jpg

どんどん積まれて行き、無事製材作業終了。あとは車に積み込まなくてはなりません。80歳を超える社長さんが軽々やってるように見えたけれど、一枚、一枚も立派に重たい。短いのを一枚持てたとしても、それを繰り返し運ぶのは素人にはかなり骨の折れる作業です。

PB280879.jpg

テトリスの如く積み込みました! 積みきれなかった分は一時保管をお願いして、お土産の大根持って帰りました♪ このクスノキが素材として使えるようになるまでにはまだまだ時間がかかるのですが、追々お話させていただきますので、これからも楽しみにして頂けたら嬉しいです。


関連記事
スポンサーサイト

category: 製材

tb: 0   cm: 0

クスノキを回収しました!  


調布の布多天神社さんのすぐ裏、歩道に隣接する並木道のクスノキがマンション建設にあたり、たくさん伐採されるとの情報が、ご近所の方(マチモノの会員さんです)から入りました。

kusunoki110401.jpg

既に上の部分の伐採は終わっていました。

PB040669.jpg

PB040671.jpg

後日、改めて現場へ伺うと既に伐採済みの状態でした。この通り丸太がゴロゴロ。なかなかジャンクな光景にゾクゾクさせられました。ただ、細かくカットされているものは製材が出来ないのと、製作出来るものが限られてしまうので、その中でも長くカットしてあるものを頂く運びとなりました。

PB050666.jpg

そうしていつもお世話になっている御年75歳の木こりの先生にご登場願いました。突然のお願いだったにも関わらず二つ返事で承諾してもらい、そのフットワークの軽さに改めて感動したのでした。

PB050684.jpg

伐採業者さんと木こりの先生とのコンビネーションワーク。ゴロゴロと2tトラックに積まれて行きます。

PB050702.jpg

ただやみくもに積むのではなく、運転してる間に落ちないよう考えながらクスノキを動かしてポジションを決めて行きます。

PB050704.jpg

ものの10〜20分くらいでしょうか。あっという間に収まってしまいました。

PB050707.jpg

今回このようなご縁、機会をくださった事に感謝します。このたくさんのクスノキ、またこの調布の街で使ってもらえるような製作が出来たら、と思っています。

関連記事

category: 工事で伐られた樹を活かす

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。