マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

「カフェ aona 」東京の街で伐られた木、12樹種に会えるカフェ  


「街で伐られた木を活かす」という取り組みの成果が、ここにひとつの形になりました。

machinoki041414.jpg

京王線調布駅前に今月オープンする子育て支援施設、「こどもとフラット」の半分を占める大型飲食施設「Cafe aona」(運営:NPO法人ちょうふ子育てネットワーク)、ここで使われる家具のほとんどが、調布市、世田谷区、大田区の各地で伐採された街の木で作られました。

machinoki041401.jpg

世田谷区桜新町で伐られたエノキの巨木、冒頭写真の大きなテーブルは、この木で作りました。エノキの隣に倒れている桜の木は、客席テーブルの天板や椅子になりました。(製作:湧口善之、株式会社 建築と木のものづくり研究室

machinoki041409.jpg

桜のテーブルと桜の椅子。桜は伐採時の写真でもわかる通り痛みが激しく、痛んでいない部位を選り分け選り分け、ようやく出来たのがこれらの椅子とテーブルです。この現場では他にも山桜やソメイヨシノなど何本もの大きな桜の木が伐られましたが、みんなこのaonaに戻ってきています。

machinoki041403.jpg

aonaと同じ調布市で回収したケヤキ。椅子とテーブルやちゃぶ台の脚になりました。このトラックに載っているのは左からスダジイ、柿の木、栗、揚げている途中の丸太がケヤキです。スダジイは椅子に、柿の木と栗は椅子とちゃぶ台の天板になってaonaに戻ってくることができました。

machinoki041413.jpg

ちゃぶ台:柿の木、エノキ、ケヤキ、栗、桜(樹種不明)、山桜の6樹種を使用。

machinoki041406.jpg

たくさんある椅子は、桜(樹種不明)、山桜、栗、ケヤキ、エノキ、夏みかん、スダジイ、モッコク、柿の木と9種類の街の木で。街のあちこちに生えていた異なる種類の木々、皆それぞれに材の質感が異なって個性的なのですが、不思議と森のように調和しています。

machinoki041416.jpg
(はんこ製作:Garage Yokoyama エノキにはいつもたくさんの小鳥が集まっているのです。)

ここで出会える街の木は、エノキ、山桜、樹種不明の桜2種、ケヤキ、栗(食用栗)、柿、ナツミカン、スダジイ、モッコク、クスノキ、クロマツの12種類。それぞれの家具の目立たない所に、樹種とその木が生えていた場所が記された小さなプレートを付けましたので、探してみて下さい。

machinoki041417.jpg

カフェ aona」、4月21日オープンです。子育てをテーマとする施設内にありますが、どなたでも利用可能です。お料理も素晴らしく、お母さんが毎日子供に食べさせたいと思うような、愛情溢れる家庭料理です。価格もリーズナブルなので、近所にお住まいであれば毎食ここでもいいくらい。

お近くの方はもちろん、とりわけ木や木工、家具やインテリアに興味があるという方は、ぜひ遠くからでもいらしてみて頂ければと思います。

関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木で家具作り

tb: 0   cm: 1

告知いろいろ  

差し迫っての告知になってしまい申し訳ございません。
いまのところ決定しているイベント等についてご案内させていただきます。

【マチモノミーティングのお知らせ】
 日時:4月18日(土)13:00〜15:00
 場所:マチモノ喜多見ハウス(小田急線喜多見駅より徒歩8分)
テーマ:今後の活動について

マチモノ事務局ではこれまで木工などのワークショップを中心に活動してまいりましたが、今後は、これまで通りの活動は継続しつつも、新たに皆様と一緒にスタートさせ、取り組んでいくようなことができないかと考えております。

MMM01.jpg

たとえば、古くからあった樹木が伐採されてしまった後に、新たな木を植える植林活動。その木あるいは近くの街の木から採れた種(ドングリや木の実)や挿し木・取り木で苗を育てての植林活動、地域の住人が育てた苗を植えて、成長を見守り、恵みを頂きつつ管理していく、そういうことを街を舞台に実現できないか?

とか、

MMM02.jpg

樹皮を使った籠や道具作りをしてみたい、

などなど、

新しい活動に関して、一緒に考え、取り組んでくださる方、なにかアイデアをお持ちの方、とりあえず話し合いに参加してみたいという方、関わり方はいろんな形があって良いと思います、会って話をする中で生まれてくるアイデアや展開もあると思います。

既に会員の方もそうでない方も、ぜひお気軽にご参加いただければと思います。ご参加いただける方は、当ブログ右側にあるメールフォームにてご一報ください。




【里山で遊ぼう! タケノコ狩り&山菜野草料理三昧キャンプ】
日時:5月2日(土)〜3日(日)、日帰りも可。
場所:青梅市の里山

MMC0301.jpg

東京都は青梅の里山で遊びましょう。場所はマチモノがお世話になっている木こりさん所有の山。自然農の畑やセルフビルドの小屋もある里山です。一泊二日のキャンプ(日帰り可)のなかで、旬のタケノコ料理や山菜、野草料理をお腹いっぱい楽しみましょう!

タケノコ狩り以外には、天然酵母のパン作り(天然酵母レクチャー有)や里山ハイキングなどいろいろ考えておりますが、なにかアイデアをお持ちの方は奮ってご提案いただければ幸いです。いろいろと機材もありますので、ご相談いただければと思います。

マチモノ会員の方はもちろん、はじめての方もご参加OKです。皆様のご参加をお待ちしております。

詳細およびご参加のお申し込みは下記よりお願いいたします。
http://machimono.web.fc2.com/event/sawingworkshop/Camp03.html
以前のマチモノキャンプの様子はこちらでご紹介しております。
http://machimono2013.blog.fc2.com/blog-category-16.html

どうぞ宜しくお願い致します!
関連記事

category: お知らせ・ご案内

tb: 0   cm: 0

今回は完敗!  


このところずっと動いていた大規模な樹木伐採現場での回収案件でしたが、話が大きくなり過ぎたのが反対に災いしてしまい、結局ダメになってしまいました。

ki041302.jpg

捨てるだけだからということで現場レベルではOKをいただいていたのですが、公式に許可を出す出さないというレベルにまで話が上がっていってしまうと、難しいですね。窓口となってくださった担当者の方は一生懸命動いてくださったようなので期待もしていたのですが、残念です。

今回は区や都が管轄する公の現場ではありませんが、それに準ずるような現場でした。民間なら簡単なことが、公が相手だとそうは行きません。公園の木のように区や都や国が管理してるものとなると、「その伐った木、棄てるんなら下さい」というお願いに対して公式には絶対にOKが出ないのです。これまでずっとそうでした。

ki041301.jpg

たとえ捨てるものであっても特定の個人や団体や企業に渡すわけには行かないということと、モノが「廃棄物」であるだけに、譲った後に不法投棄される心配もあるということで、表立って担当部署に許可を求めると、100%Noと言われてしまうのです。

とはいえコソコソと裏でやっていたのでは街の木がゴミとなる状況に一石を投じることはできないし、通例を変えたり、事なかれ主義に抵抗するというのは難しいものですね。

まぁとにかく力及びませんでした。現場では土場の一角にたくさんの木を集めて下さっていて、あとは回収するばかりという状態であったのに、本当に残念です。

ki041303.jpg

今回は完敗ですが、今回のことを通じてまたたくさんの方と関わることができ、今回のことがなければ聴けないようなお話を伺えたり、今まで見えていなかったことが見えてきたり新いアイデアが浮かんだり、得たものもたくさんありました。この経験を今後に活かしていきたいと思います。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。
関連記事

category: 街の木のこと

tb: 0   cm: 0

マチモノお花見*2015  

11084246_348944391973178_4302836006774017022_n.jpg

今年は桜の開花が例年より早かったですね。かねてよりマチモノでも「皆さんとお花見がしたいね」と言っていたのですが、なかなか日程の調整が付かず、急遽4月4日の開催となり、皆様にも突然のお誘いになってしまった事をお詫び致します。申し訳ありませんでした。

午前中に少し雨が降られてしまったのですが、すぐに止んだので、マチモノお花見開催決行する事にしました。

P4040261.jpg

突然のお誘いだったにも関わらずいらしてくださった皆様のおかげで和気あいあいとした楽しいひとときになりました。

本当にありがとうございました。

上の写真を見ていただけるとわかるのですが、桜の木(手前と奥、さらに奥の3本の桜の木)にヒモが掛けられています。

これは来年、ここの団地環境整備工事により伐採が決定しています。

そしてその桜、よく見てみると木の根元には大きなサルノコシカケが。サルノコシカケは樹木を腐朽させるキノコであり、このキノコが生えているということは幹の内部が腐朽していて、幹折れの危険性が高い事のシグナルです。大きな木で見事な花を咲かせているのですが、決して健康な木とは言えないようです。

マチモノでも今、この団地の木に関わらせていただいてる事もあり、この最後の桜を堪能すべく、ここでのお花見を開催する事にしました。

IMG_9968.jpg

春はいろんな芽が出てくるわくわくする季節です。近く目を凝らすと色んな野草がいっぱい!!

IMG_9869.jpg

つくし、ふきのとう、スギナ、柿の若芽を収穫しました!

P4040253.jpg

近くの野草を使って、ごちそうをこしらえてみました。真ん中のお鍋はカレーです。カレーのルーを燻製にしたもので調理しました。

IMG_9965.jpg

その燻製のチップも去年寿命の為に伐られた桜のチップです。

その桜の事はこちらに記載しています→2013.11.14『桜が生まれ変わるとき』2013.12.4『桜のお引っ越し』2014.4.29『桜とケヤキ、その後』

この桜の木、とってもいい香りがします。

IMG_9963.jpg

カレーに入れる牛すじ(カレー粉をまぶしています)、そしてカレールーを燻しました。家の中は燻されてる香りだか、カレーの香りだか、一体どんな香りがするのやら…な状況でした(笑)

P4040266.jpg

他、ゆで卵、チーズ(チーズは溶けてしまう可能性があるので温度管理に注意が必要です)、魚肉ソーセージも燻製にして、カレーのトッピングにもよし、そのまま食べてもよし♪(これらをのせているカッティングボード兼、器も実は昨年伐られた桜なのです☆因みに上の写真の天ぷら、フライドポテトがのっているのも同じ桜の木です♪)

去年伐られた団地の桜がこうして帰って来たように感じます。

P4040263.jpg

あいにくの曇り空でしたが、時折舞う桜に風情を感じました。

IMG_0018.jpg

桜の花びらがお料理に彩りを♡

IMG_0019.jpg

ちびっこは綺麗な泥だんごの作り方を教えてもらいました!!ちょっと投げても壊れない!!

IMG_0025.jpg

その後、ちょっと肌寒くなって来たので場所を移して二次会へ、そこで作りそびれていたふきの茎を使った野蕗のお浸しを。(左上)

いつも思うのはいらしてくださる皆さまの引き出しの広さと深さに驚かされます。こうしてこのブログを見てくださる皆さまもきっと色んな引き出しを持ってるからこそ、このマチモノに興味を持っていらしてくださると思うのです。

是非、よかったらマチモノに遊びにいらっしゃいませんか☆そしてお話を聞かせてもらえたら嬉しいです♪


関連記事

category: 街の木・木材

tb: 0   cm: 0