マチモノ(街の木を活かすものづくりの会)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

小学校のシンボルツリーの伐採と活用  


先日、とある小学校のシンボルツリーの伐採に立ち会って参りました。

樹種はヒマラヤスギとプラタナス。どちらも堂々たる大木です。校舎の建て替えに伴うやむを得ぬ伐採計画ですが、今の生徒さんだけでなく、これまでの卒業生も含めて多くの方々にとって特別な意味を持つ木です。移植することも相当に検討されたようですが、最終的には伐採やむなしとの結論に至り、伐られることになりました。

toho150801610.jpg

伐った後の木材を卒業制作で使う素材や鶏やうさぎの飼育小屋の新築に利用する、ということになったため、木材として利用する前提の伐採をすることになりました。

toho150802610.jpg

まずはヒマラヤスギの枝払い。落とした枝も、生徒さんの工作の材料にすべく良いものをピックアップします。樹間のあたりは、おそらく高さを抑えるためであったのか、一度主幹をバツッと切られており、そのために枝分かれしていました。またバツッと切られた主幹から腐朽が進行してもいました。

toho1508012610.jpg

ヒマラヤスギからは、飼育小屋の柱や梁などの建築材を採ることを目指します。節が多く年輪は粗、狂いも相当に出ることと思われます。本来、根元のあたりは木材としては適さないのですが、工作の材料にすることはできますので、根元ぎりぎりから伐りました。根元から1mくらいは工作の材料に、そこから上3mは飼育小屋の構造材にする予定です。

toho150803610.jpg

毎年の剪定ではなく、何年か放っておいて数年毎に大きく剪定していたことがうかがえる年輪。剪定がない時期の成長が極めて大きく、年輪密度が粗いのは、一本立で周囲にライバルがいないので、のびのびと枝を張って成長したためと思われます。

toho150804610.jpg

こちらはプラタナス。永年性がんしゅと呼ばれる病と闘っていることが、外観からわかります。木材としては、どの程度使える部分が残っているのか心配でしたが、かなり頑張っていたと言って良い状態でした。

toho150805610.jpg

とは言え、腐れは全体的に進行しています。卒業制作の素材に使いたいという希望に応えるべく、本来であれば木材化に適さない(効率が悪いため)部位の幹もできるだけ回収して製材に回すことにします。

xtoho150806610.jpg

主幹。外観から予測されたよりはかなり頑張って健康な部分を残していたと言えますが、永年性がんしゅ以外にも虫による食害が広がりつつある状態でした。

toho1508013610.jpg

かなり大きな虫さん。先端に近い細い幹も含めて、回収した幹の全てに穴を開けていました。幹によっては中心部がグジュグジュのシャーベット状になっているものもありました。

toho150807610.jpg

toho150808610.jpg

時期によるものもあるのでしょうが、かなり色素が詰まって赤みの強い状態でした。

toho150809610.jpg

切り株にも腐朽と虫食いの穴が見られます。伐られてしまうことは残念で悲しいことですが、今の段階であれば、それなりに使える木材を得ることが可能です。結果的には良い伐り時であったと言うこともできるかもしれません。

toho1508011.jpg

toho1508010.jpg

二台のトラックに分乗して、これから製材所に向かいます。製材の様子は、また改めてご報告させていただきたいと思います。伐採に関わった皆様、ありがとうございました。


街の木を活かすものづくりの会
HP:http://machimono.web.fc2.com/
Facebook:https://www.facebook.com/Machimono
Twitter:https://twitter.com/Machimono
関連記事
スポンサーサイト

category: 工事で伐られた樹を活かす

tb: 0   cm: 0

街の木のキモチ  


先日のマチモノ木工ワークショップに、素敵なお客様がいらしてくださったので、ご紹介させていただきます。

ws071801.jpg

女性初の森林インストラクターで樹木医さん、マチモノハウスにも常備している本、「図解樹木の診断と手当(農文協、共著、2002年)」、「街の木のキモチ」(山と渓谷社、2011年)の著者、岩谷美苗さんです。小学生の娘さんと一緒に遊びに来て下さいました。

32546803.jpg

ご著書は2冊とも、本当に素晴らしい著作です。仕事だからやる、という人には絶対に書けない、内なる動機に動かされて行動する人にしか書けないと、感じずにはいられない本なのです。

ws071802.jpg

ワークショップの最中に見せていただいた木のふわふわコレクション。ふわふわと毛が生えた若葉など、たくさんたくさん集められていて、木の世界の魅力と奥深さを感じずにはいられません。葉っぱだけでもこんな可愛らしく、そして押し花のように綺麗に保存されてる様子がとても美しく、自然の素晴らしさを改めて感じさせられます。

普段、誰しもが目にしている世界が、このように提示されると本当に魅力的なものに思えます。「街の木のキモチ」というご著書も、ブログ「街の木コレクション」(こちらもご著書同様オススメですので、ぜひご覧になっていただければと思います)も、このように私たちが暮らしている世界の見え方を新しく魅力的にしてくれます。

ws071803.jpg

ワークショップが終了した後、懇親会の買い出しに出かけた際には、途中途中に見かける木々について、知識や木にまつわるエピソードを話してくれるのが楽しくて仕方ありませんでした。

お話がとても楽しく、こちらもついつい根掘り葉掘りと聞いてしまい、買い物の重たい荷物を抱えているというのに(おまけに雨)、足を止めて延々と話し込んでしまいました。もっと時間があれば、とこの時ほど思った事はありませんでした。

ws071804.jpg

そうそう、今月、29日には、こんなイベントが予定されています。
夏休み!樹木医(岩谷美苗さん)とめぐる北浦和公園 木のキモチになって木に触れよう♪

ぜひ参加したい! (実はあいにく予定が入ってしまっているのですが、なんとかズラせないかと画策中)木や身近な自然に興味のある方には本当におすすめの機会だと思います。

今回はWSがらみで時間も限られていましたし(WSの講師役で疲れ果てていたりもして)もっと聴きたいことがたくさんあったのにと思わずにはいられなかったのですが、またぜひイベントに参加させていただくなどしてお話を伺えればと思っております。岩谷様、本当にありがとうございました。



 
関連記事

category: お知らせ・ご案内

tb: 0   cm: 0

街の木との再会〜カヤの木のものがたり・2  

残暑お見舞い申し上げます。毎日暑いですね。街の木たちも悲鳴あげていないといいですね。

さて、前回カヤの木、実について描いて来ましたが、それから約1年後、再びカヤの木と深く関わる機会がありました。

kaya_illust3.jpg

昨年、カヤの実を拾っていた時、そのカヤの木のそばで、落雷で亀裂が入っていた別のカヤの木がありました。それが伐られて公園の中にある集積所に置かれていたのです。大急ぎで許可をいただき、木材にするために回収させていただくことなりました。

kaya_illust4.jpg

木材にするための伐採ではなく捨てるための伐採で、短く伐られてしまっていましたので、自分たちで製材する事に(短くしすぎてしまうと製材所での製材は基本的にできません)。

針葉樹というと繊維に沿って割りやすいもの、パカーンと薪割りしやすいイメージがありますが、カヤは意外なほどに繊維同士の結合が強力で割れにくく、また細かい木屑が服の中に入るとちくちく身体にまとわりついて大変手こずりましたが、貴重な材であると思えば、それもまた良き思い出に感じます^m^

そして自然に携わると避けられないのが虫の存在。正直、私(ヨコヤマ)は虫は得意ではないのですが、出会う毎に好奇心が勝ってしまい、「どんな虫だろう?どうしてここにいるんだろう?」と調べるように。ただ、その時に出てくる虫の画像にはやはり最初はギョっとしてしまいます。慣れるまでもう少し時間がかかりそうです。

kaya_illust5.jpg

いずれはこのカヤを使って作品をつくりたいのですが、これは乾燥する時間を要する為にまだまだ先の事になりそうです。ひとまずカヤの木ストーリーは今回でおしまい。次回は私の家の前で伐られた桜について絵を交えてお話出来たらと思っています♪

街の木を活かすものづくりの会
HP:http://machimono.web.fc2.com/
Facebook:https://www.facebook.com/Machimono
Twitter:https://twitter.com/Machimono
関連記事

category: 街の木のこと

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。