マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

12月の木:ナンテンのカトラリー   

nanntennCutlery05.jpg

赤い実で冬を彩るナンテンの木。「難を転ずる」に通じることから縁起が良いとされ、庭木でも良く見かけます。切っても切っても枯れずに生えてくる強健な性質ですが、ある程度以上からはなかなか大きくならず、木材、と言えるほど太いものを見かけることはほとんどありません。

nanntennCutlery04.jpg

外皮の下は驚くほど鮮やかな黄色。葉っぱには殺菌作用があるので、盛り付けの彩りを兼ねて、食べ物の下に敷いたりして使えます。

nanntennCutlery02.jpg

煮出せば黄色の染料になります。

nanntennCutlery03.jpg

淡い黄色に染まります。

nanntennCutlery01.jpg

木材も黄色。大変硬い材質ですが、刃物との相性は良く加工は難しくありません。緻密な木肌で磨きがいがあります。

ナンテンはどこにでもある木ですが、大変美しい材が得られます。スプーンは難しくても、お箸や菓子楊枝などであれば、細い枝からでも作れます。お庭のナンテンをお手入れで間引く機会がありましたら、ぜひ試してみていただければと思います。

関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木でカトラリー

tb: 0   cm: 0