マチモノ(街の木を活かすものづくりの会)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2月の木:ミカンの木のカトラリー   

mikancutlery160301.jpg

黄色いミカン材で作られた木のスプーン。この色は着色したものではなく、木材そのものが持っていた色です。

ミカンを食べずに置いておくと青カビが生える、というのはみんな知っていることと思いますが、ミカンの木材も製材した後にカビやすく(ミカン同様の青カビです)、とても気を使う木材です。

mikancutlery160305.jpg

写真は製材した時に出た捨てる部分に生えたカビ。まだ出始めですが、放っておくとビッシリカビまみれになることも。

mikancutlery160304.jpg

綺麗な黄色を残すには、カビさせないことはもちろん、ちょっとコツが必要です。

mikancutlery160303.jpg

お尻に小さな黒い節のワンポイント。

mikancutlery160302.jpg

桃栗三年柿八年と良く言いますが、柿八年どころかなかなか実がならないのがミカン類。木の成長が極めて遅く、木材となる幹はなかなか太くなりません。木材として使えるような太さの木は、伐ったからといって捨ててしまうのは大変もったいないことです。

mikancutlery160306.jpg

まっすぐな部分が少なく節や枝分かれも多いので、木材として一般的に利用されるものではありませんが、強度と粘りに優れた材質で、たとえば玄翁(金槌)などの道具の柄など、特別に強さが必要な部分に使える有用な木材です。

ただ、屋外など水がかかるところはとても苦手。そういう意味ではカトラリーなど食器にも適さないのですが、その点は塗装でカバーすることが可能です。

mikancutlery160307.jpg

ミカンの木の椅子。曲木(背もたれ)も上手くいき、手触りも滑らかです。この椅子は京王線調布駅前のcafe aonaで1脚だけ使われています。

椅子など家具を作るだけの材料を集めるのは大変ですが、ミカン類は個性的で魅力のある木材です。小さなスプーンくらいなら小さな木材からも作れますので、剪定した枝などもぜひ活用してみていただければと思います。

関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木でカトラリー

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。