マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

樹木カルテをみんなで作ろう!(マチモノ広場プロジェクト #02 @調布駅南口広場)  

調布駅前広場の樹木伐採計画に端を発してはじまった企画の第2弾。
( 前回の様子:http://machimono2013.blog.fc2.com/blog-entry-126.html )

P1010075.jpg

日 時:12月11日(日曜日)13:00〜16:30(途中退室可)
場 所:調布市文化会館たづくり会議室 601
参加費:300円(会議室代、当日使用する資材代として)
申 込:こちらのイベントページに参加表明もしくはメールにて
    machimono@outlook.com
    お子様もOK はじめての方でもお気軽に!
    前回も半数ははじめての方でした
    募集は会場広さの都合上、定員に達し次第〆切ます
監 修:湧口善之(街の木を活かすものづくりの会代表)

P1140012.jpg

今回は、私たちの街で伐られようとしている木々について、あるいはまた保存されようとしている木々について、「樹木カルテ」を作ります。

自分たちが守ろうとしているその樹木は、そもそもどんなものなのか? いつどんな花をつけ、どんな葉を茂らせ、どんな実をつけるのか? 自分たちが伐ろうとしているその樹木は、どんな鳥を呼び、どんな虫を育んできたものなのか? 止むを得ず伐られざるを得ない木々から、挿し木や取り木はできるのか? 移植や保存をしようとする木々は、どんな環境を好み、なにを嫌うのか? 50年後にはどんな姿になるのか? 大木になるとどんな危険があり、どんな注意が必要なのか? そして伐った後の木材は、枝葉は、樹皮は、どう利用できるのか?(染料、食料、材料、燃料など) 

P1010065.jpg

広場の木々について、今後の計画がどうなるにせよ必ず役に立つ資料、私たちの街の暮らしを木をきっかけに楽しくする基本となる資料、「樹木のカルテ」。ぜひ多くの皆様と一緒に取り組めればと思います。

P1140008.jpg

【これまでの経緯】
現在、調布駅前広場では大木を含む数十本の木々が伐採される計画で、その工事が進められている最中です。伐採への反対運動が盛り上がったことで、樹木伐採に関しては一時停止中、数本の木々の保存(移植)が検討されている状況です。

マチモノはこうした事案に際して、賛成か反対か、保存か伐採か、といった立場のどちらかをとることはありません。私たちの取組みは、こうした事案に際して陥りがちな二項対立を乗り越えようというものです。

そのためには、色々な立場や経験、考えを持つ人と席を同じくし、胸襟を開いて話すこと(マチモノ広場プロジェクト #01 駅前広場の樹木伐採、再開発について皆で話そう夜会 )。そしてその上で、自分たちが問題にしているその対象(今回は樹木)についてよく見ること、知ること、学ぶこと、考えること(マチモノ広場プロジェクト #02 「樹木カルテ」をみんなで作ろう!)が大切だと考えます。

マチモノでは、駅前広場が今日のような状況になる以前から、関係者に対して、樹木の保存・移植・伐採予定の木々の命をつなぐ苗作り・伐採後の木材等の活用など、この計画についての助言や提案をして参りました。今回作られる「樹木カルテ」も、今後の計画がどうなるにせよ、必ず役に立つ資料になるはずなので、関係者に配布する予定です。

(マチモノ広場プロジェクト#3 は『「樹木活用カレンダー」を作ろう』を予定しております)

関連記事
スポンサーサイト

category: マチモノイベント

tb: 0   cm: 0

駅前広場の樹木伐採、再開発について皆で話そう夜会(マチモノ広場プロジェクト #01 @調布駅南口広場)  

たくさんの木が伐られることで反対運動が起こっている京王線調布駅前広場の再開発。街の木で作った大きな施設、cafe aonaが面している広場でもあり、マチモノにも関係が深いこの広場、地元の方から意見を聴きたいと相談していただいたことをきっかけに、なにができるか考えてみようということになりました。

cyoufuhiroba01.jpg

私たちとしては、まずは様々な意見や立場、感性や経験、想いを持つ人々が集まって、特定の立場に偏ることなく、忌憚なく話せる場を設けられないかと考えました。

cyoufuhiroba02.jpg

市役所の担当の方々がいらしてくださり、実際の現場と木々を見ながら、計画やお考えを聞かせてくださいました。質疑応答も。

cyoufuhiroba04.jpg

そのあと、場所を移して食事をしながら、広場や木々について思いつく限りのことを話し合いました。話の中や、先の広場の視察のなかで気になったことや思いついたことをどんどん書き出していきました。

cyoufuhiroba03.jpg

この広場については既に何年も前から、関係者が計画を積み上げて来たことです。具体的に今すぐ調布駅前を自分たちの手で変えることは難しくても、こうしたことに関心のある人が顔見知りになっておくことは無駄ではないはずです。次に繋がるかもしれませんし、調布駅の広場を少しでもよくすることに繋がるかもしれません。

突然のお声掛けだったにも関わらず足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
関連記事

category: マチモノイベント

tb: 0   cm: 0