マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

11月の木:柿の木のカトラリー  

Novkaki07.jpg

この時期、実が熟し葉っぱの紅葉も美しい柿の木。

Novkaki03.jpg

ちょっと時間を遡って今年の夏、近所の空き家の取壊し現場。気がつくと敷地にあった大きな柿の木はトラックの荷台の奥でした。

Novkaki02.jpg

ガサゴソ、、、どこいった?

Novkaki04.jpg

ようやくお目見え。立派なものです。

Novkaki06.jpg

柿の木は、時期にもよるようですが、伐採したてで乾いていない状態で製材すると、柿の実とそっくり。黄色みがあり、細かく黒い筋が見られます。このまま雨に当てたりすることなく丁寧に乾燥させると、深みのある濃い緑灰色に変化します。(最後のスプーンの写真はそうした材で作りました)

Novkaki05.jpg

柿材には、部分的に墨が溜まったような箇所がちらほら。柿の木自体、蓄積量の少ないレア材ですが、木材業界では黒成分が多く、木材全体に墨が浸潤したようになっているものは「黒柿」と呼ばれ、銘木として珍重されています。

Novkaki09.jpg

上の写真の木材は、伐られたてを製材せず、ある種の環境に置いておいてから製材したもの。黒成分が墨のように浸潤しています。模様が面白くなる一方で、材としての強度ははっきりと下がって柔らかくなっています。

Novkaki10.jpg

柿の木のカトラリー。伐採後に時間を空けずに製材したものをそのまま大切に乾かした材で製作したのが、写真のカトラリーです。こうした柿材は重厚で硬いものですが、刃物との相性は良く、ささくれが起こりにくいので、特に気を使わなくても綺麗に仕上がります。

住宅街でよく見かける柿の木、剪定したちょっとした幹でも、スプーンや豆皿などいろいろなものが作れます。もし柿の木を伐る機会があったなら、ぜひ活用してみていただければと思います。

関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木でカトラリー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/105-42ee8155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。