マチモノ(街の木を活かすものづくりの会)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

建替えに伴う伐採、伐採する桜と古屋の材での家具作り  

610Ssakura16122606.jpg

小学校で頂いた桜の苗が30年経って大木に。家屋の建替と電線にかかるほど大きくなったこともあり、伐採を決断しましたが、新しいお家で使うテーブルに生まれ変わらせることになりました。

610Ssakura16122601.jpg

伐採の指示は先日済ませていたので、もう終わっているだろうと行ってみたら、チェーンソーを(2台も)落として壊したとのことで全然進んでおらず。日が暮れちゃうので桜以外の木を伐ったり、桜の伐採をお手伝いしたりしてなんとか日のあるうちに終了。

610Ssakura16122602.jpg

610Ssakura16122605.jpg

桜の他に、敷地にあったハナミズキとぶっといヒメシャラも活かすことになりました。

610Ssakura16122604.jpg

610Ssakura16122608.jpg

現場滞在が長引いたことがもたらした幸運は、母屋の解体に立ち会えたことで梁や土台の古材をゲットできたこと。テーブルの脚のデザインに悩んでいましたが、これらの材を得られたことで方針が定まりました。

610Ssakura16122607.jpg

それにしても、今回の丸太は大人二人で積み込める限界の重量。もうひとまわり大きければ現場で半割りするのですが、微妙なサイズだったのでそのまま積みを選択したので大苦戦。

610Ssakura16122701.jpg

トラ柄みたいなすごい模様。これは年輪ではなくて、縞杢的なものか? 製材で開いてみるのが楽しみです。

610Ssakura16122702.jpg

道路に大きく張り出していた方の幹、水平に張り出していたので当たり前ですが、アテがきつくて大変そう。一部に不朽が進行中で、やはり良い伐り時であったかと思います。事故予防の観点から、もしこの幹を落としたなら、大きな幹を切られたダメージで今度は主たる幹へと傷みは進行していきます。

今年最後の回収、思いの外ハードでしたが、なにはともあれ今年一年、怪我もなく無事に済んで良かったです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木で家具作り

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/129-0247499e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。