FC2ブログ

マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

この木ハンノキ、ケヤマハンノキ  

前回の記事「この木なんの木?」の続きですが、おかげさまでこの木の名前が分かりました。多くの方のご協力を頂き、本当に感謝しております。ありがとうございました。

さて、正解は「ケヤマハンノキ」。

材の切口が空気に触れると橙色を帯びるという特徴があり、ハンノキとはちょっと違った材の表情。染料として用いられる樹皮、樹皮表面の表情、間違いないと思います。

keyamahannnoki081901.jpg

とりあえず、材質というか加工感を知るためにスプーンを作ってみました。ハンノキは以前に加工した経験があったのですが、言われてみると微妙に違うもののハンノキに似た材質でした。切削はし易く、ワークショップ用の材としても良さそうです。ただ、ハンノキの類は材の耐湿性・保存性はそれほどでもありませんので、仕上げを自然系オイルでという方は注意が必要かも知れません。

keyamahannnoki081902.jpg

調べてみると、樹皮はやはり染料として用いられたそうです。赤い色を出すのはイチイの芯とこの木の皮しかなかったんだとか。

この木の樹皮は剥いて保管してありますので、近々、染色にトライしてみたいと思っています。参加ご希望の方はぜひご連絡を頂ければと思います(費用がかかるイベントではありません)。

→前回の記事(この木なんの木)
関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木・木材

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/15-6e293be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。