マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

伐られた木が家具になるまで  

nezumimochichair01.jpg

写真の椅子はカフェで使う椅子の試作品。荷物を椅子の中に入れられるようになっています。これで完成ではなく、木の皮から採った染料で染めたクッションを付ける予定です。木は世田谷区の公園で伐採されたトウネズミモチ。

nezumimochichair08.jpg

伐られたばかりのトウネズミモチ。公園の防犯対策で、林の見通しを良くするために伐られたようです。

nezumimochichair07.jpg

回収して持ち帰った丸太たち。このくらい短くカットされていても、驚くほど重いのが生の丸太。奥のちょっと太いものなどは、男性が一人で持ち上げられるかどうかギリギリの重さです。

nezumimochichair06.jpg

とりあえず、チェーンソーで半割。

nezumimochichair05.jpg

普通の木工房にはまずないサイズの巨大帯ノコ。この設備を使って製材を行います。このときは伊豆の仲間の工房にお世話になりました。

nezumimochichair04.jpg

片っ端からスライスしていきます。言うのは簡単ですが、持ち上げるのにすら苦労するような重い木をカットするのは想像を絶する作業です。木は重く、堅いもの。人の体力も消耗しますが、チェーンソーもバンドソーも伐れば伐っただけ刃は消耗していきます。

nezumimochichair03.jpg

製材した木はそれで使い物になるわけではありません。木は多くの水分を含んでいるので、これを充分に乾燥させなければなりません。

乾燥させるため、丁寧に桟を挟んで積み上げて風通しの良い場所で保管します。樹種と板の厚みにもよりますが、一般に1cm1年などと言われるように、木から水分を抜くのには長い期間を要します。通常、製品となるレベルの木工品を作るには、天然乾燥を終えた後、更に人工乾燥の設備を使って、更に含水率を下げる処理を行います。

nezumimochichair02.jpg

上写真左は約1年の乾燥を経たもの。表面は汚れ、乾燥に伴って割れや反りが発生しています。上写真右は左写真の材にカンナ掛けをして、四面四角に整えたもの。こうして準備された木材が冒頭の写真の椅子に加工されました。

街で伐られた木は、ごくわずかの例外を除いて木材として利用されることがありません。理由は簡単で、経済的にペイしないからです。街の木はそのほとんどが得難い銘木、価値の高い木材です。しかしながら、そのような銘木良材であったとしても、クレーンがなければ荷台にも上げられないようなものを運搬し、製材料を支払い、桟積み料、乾燥期間の保管料、人工乾燥の費用を支払うことを考えると、経済的にペイできるはずがないのです。遙かに安い価格で、外国からは木材が入ってきている状況のなかにあっては、街の木などは言うに及ばず、国産の木材を使うことすらも経済的には不利なことになってしまっているのです。

街の木を使うというのは、かかった時間やコストを回収する必要のあるプロにできることではありません。それに対して、街の木を活かすものづくりの会の主旨のひとつはアマチュアリズム、間尺に合わない手間や苦労を楽しみや喜びにできるのがアマチュアの真骨頂、銘木レア材ぞろいの街の木が木材として利用されない現状を、アマチュアリズムでなんとかできないかということにあるのです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 製材

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/17-07deab25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。