FC2ブログ

マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

世田谷からなるべく近い製材所を求めて  

都心部で伐られた木を木材として利用できるようにするために、今日は一日、東京の製材所めぐりをして参りました。製材所と名が付いていても、丸太を製材する設備のあるところは都心部にはもはや見あたらないのです(ありましたらぜひ教えて下さい)。

青梅市やあきる野市にはあるけれど、世田谷からなるべく近く、ということで期待をかけてやってきました町田市。が、無駄足が続く。

seizaisyo091702.jpg

あきらめかけつつ最後に訪れたのが、ストリートビューで見た限りではとても製材設備などなさそうな住宅街の綺麗な材木店。ダメもとで飛び込んだら、、、なんと凄く良い感じ。気持ちよく仕事してもらえそうな手応えアリ。まだ諦めなくて良さそう、前に進めそう、そう思えるポジティブな対応をして頂けたのがなにより嬉しいことでした。

seizaisyo091701.jpg

仮に丸太をタダでもらっても、運搬、製材、乾燥、保管などのコストを考えるとすべて準備が整った木材を購入した方がはるかに安いということは常識です。だから街の木は材木としては使われません。人件費を筆頭に様々な問題があって、普通に山で伐られた木でさえも価格では外国材に勝てないのが当たり前。コストを掛けて伐り出してもペイしないケースも多いのです。まして街の木なんてなにをか言わんや。

seizaisyo091703.jpg

やってみるまでもなく無駄だと分かり切っている、上手く行かないと分かっている。事情通になればなるほど、その世界の常識にとらわれてしまうものですが、自分自身で実際にやってみなければ、なにが可能でなにが不可能なのか、本当のところは分かりません。

seizaisyo091704.jpg

親切で前向きな対応をして下さった製材所の方々のおかげで、きっと前に進めると希望を持てた一日でした。
関連記事
スポンサーサイト

category: 製材

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/20-dc561410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。