FC2ブログ

マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

庭で剪定した木をカトラリーに  

cutrarykinmoku01.jpg

世田谷区のアパートのご主人が派手に剪定した金木犀(キンモクセイ)。隣家にはみ出してしまったための剪定です。金木犀は材木として出回ることは基本的にない樹種で、太くなるのに大変な時間がかかり、真っすぐな材もとりにくいのですが、小物を作るにはとても良い材です。

cutrarykinmoku02.jpg

直径は10cm前後、この程度の太さがあれば、ちょっと大変ではありますがカトラリーを作ることが可能です。

cutrarykinmoku03.jpg

ちょっと大変というのはどういうことかと言いますと、皮の部分と芯の周りを取り去ると、使える部分がほんの少ししか残らないのです。芯の部分を取り除くのは、芯の周りは乾燥に伴い割れや狂いが激しく生じる傾向があるためで、特にカトラリーでは細くなる箇所があるので、芯を入れて作ることはお勧めできません。

cutrarykinmoku05.jpg

まずは横から切り出して、

cutrarykinmoku04.jpg

その後で上からの形を切り出します。金木犀は硬く粘り感が強く、油っ気があり、きらめきのある白い木肌が美しい木材です。かなり細くしても強度を維持できるので、実用的なフォークにすることすら可能です。

cutrarykinmoku07.jpg

ここから先は、小刀などで形を整え、サンドペーパーで磨けば完成です。

cutrarykinmoku06.jpg

私たちが開催しているイベント「マチモノカフェ&ワークショップ」では、このように街で伐られた木を活かして、お箸やスプーン、小皿などの作り方を体験して頂けます。スプーンや小皿には、彫刻的な木工の要素がたくさん含まれています。必要な道具は、数点の手工具とサンドペーパーだけです(イベントでは時間短縮のため、小さな電動ノコギリを使いますが、手ノコでも可能です)。

ひとつ作って要領を学ぶと、そのやり方や考え方を応用して様々な物を作れるようになりますので、様々なアイデアを活かして、ぜひ色々なものにチャレンジして頂ければと思います。

→マチモノカフェ&ワークショップの詳細はこちら
関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木でカトラリー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/41-400d61fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。