マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第1回マチモノキャンプ&製材WS*その1〜身近な自然を知る  

7月12日、13日の土日を使って、いつもお世話になっている木こりさんの里山をお借りしてマチモノキャンプ&製材ワークショップを開催致しました。

参加してくださった皆様、この度は本当にありがとうございました。
お疲れさまでした。

改めて振り返ってみると、日を追う毎に楽しかったなぁ、とじわじわ来ています。どれもこれもが貴重な体験、出来るだけ記憶に残しておくべくお話したいので、何回かに分けさせてもらいます。


マチモノ初めての試み、うまく行くか心配もありましたが、『きっとなんとかなるだろう』
そんな気構えで臨みました。
mc1.jpg
この箱に入っているのは薪に使う木がいっぱい。

mc16.jpg
そうして向かった先は同じ東京とは思えない、緑溢れる青梅の里山。
mc44.jpg
まだ紫陽花もこれから、という雰囲気。

まずは参加者さん殆どの方が初めましてなので自己紹介し、
泊まる部屋の片付けなどをして少しのんびりした後、里山を管理されてるマキさんに畑の案内をしてもらう事に。
…の予定だったのですが、木に蜂の巣がある、という事で急遽木こりさんがたいまつを作成し(ものの10分足らず)
あっという間に火をつけ
mc2.jpg
蜂の巣一撃。

そして取り出した蜂の子
mc3.jpg
上でもwikiをリンク貼りましたが、これって食べられるんだよね〜、という事でぱくり☆
(wikiによるとそのままよりも佃煮、甘露煮がポピュラーでそのまま食すという事は記載されてませんが^ ^;;)
mc4.jpg
因みに蜂の子の効能は神経系(ストレス緩和、不眠、いびき、体質強化…)循環器系(血行不良、貧血…)
消化器系(便秘を改善し、腸内環境改善…)婦人科系(生理不順、更年期障害の諸症状…)泌尿器系(腎臓機能強化…)内分泌系(甲状腺機能改善…)など、多くの効能をもたらす優れた食材のようですが、今回皆で食したのは1匹くらいなので、さほど効果は期待出来るものではありませんね。

mc6.jpg
そして改めてマキさんより畑のお話を伺います。
見ての通り、斜面になった地を利用し自然農を実践されています。
リンク貼ったwikiにも記載の通り、不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)農法なので、素人目にはどこに何の草が生えているのかわからないのですが、裏を返すとどれも大事な命の源、という事ですよね。
mc7.jpg
レタスです。
よく見かける畑になっているものとはちょっと違うように感じました。
その中でも目を惹いたのが
mc8.jpg
蜂さんも美味しそうに蜜を吸っているこの花、なんと牛蒡(ごぼう)の花なのです。

mc9.jpg
これはにんじんの花。よくよく見てみると葉っぱがまさににんじんです。

mc5.jpg
これは藍の葉っぱ。
雨があたって葉っぱも少し藍色がかっています。

mc11.jpg
ピンボケでごめんなさい。歩いてる足元には小さなカマキリ、そして気付くとバッタがピョンピョンしてました。

そして今度は木の勉強すべく山をハイキング。
mc13.jpg
空気がとっても心地いいです。

mc14.jpg
ひとつひとつの木の前でその板を用意して説明してくれた湧口さん。
それぞれの木の特徴と利用法を丁寧に説明して下さいました。
因みにこれは桑の木。(奥の木も)

mc15.jpg
そして歩いていて大きな朴葉を発見。
mc12.jpg
これは料理のお皿に使えるね、という事で何枚か拝借しました。

mc10.jpg
クルミの木。実がなってました。

mc18.jpg
ほんの30分程度歩いただけですが、その間にもミカンの木、桑、梅、ナンテン、ビワ、ヒノキ、サワラ、杉、ホオの木、イヌツゲ、ヒサカキ、シデ、山桜、モミの木、コナラ、栗、柿、クルミ、ウメ、キリ…たくさんの木に触れました。

ここに限らず、今は街の中にもたくさんの木があります。

実際マチモノでもたくさんの種類の木の伐採に関わりました。

自然を保護する、というより、自然と向き合いながら利用していく、いい関係を作って行くという事を追究すべく立ち上げたのがマチモノです。その為にはまず自然を知らなくては何も始まらないですね。今回は改めて自然を知るいい機会になりました。

生えている木のレクチャー受けた後、木から木材へ、製材ワークショップになるのですが、それはまた後ほど。

mc20.jpg
そして山を降りている時
mc19.jpg
イノシシが荒らした跡が。
マキさん曰く、ここは野生動物がたくさん棲んでいて、それこそ四六時中餌を求めているそうな。こうして過ごしているとさっぱり動物の気配を感じないのだけど、夜、人がいなくなった頃などを狙って餌を探しに山を降りて来るそうです。

ここには木こりさんの建てた棟がいくつかあるのですが、そのうちのひとつは完全にタヌキの住処になってしまったそうです。それを追い払ったところで、またタヌキは別のところを荒らしに来るのだから、それはそれでいい、そんな話を聞き、自然と共に暮らすという事を目の当たりに感じました。

次回は食事のお話になります。
関連記事
スポンサーサイト

category: マチモノキャンプ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/55-26d0e673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。