FC2ブログ

マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第1回マチモノキャンプ&製材ワークショップ*その3〜自然を使って  

木についてレクチャー受け、木の事を知った上で、その木を使ってものづくりに活かすべく、製材していく行程に移ります。

mc30.jpg

そこで登場するは、こんなに大きな大鋸。今でこそ電気機械などを駆使して製材するのですが、今回はちょっと先人たちのやってきた事を受け継いで、如何に特殊な工法を使わずシンプルに自分の手だけで手掛ける事が出来るか、あと、如何に専門的工具を使わずに自分の家にあるような身の周りの最低限の工具でも出来る製材に挑戦しました。

因みにこの工具、大鋸は調布市に江戸時代から続く老舗鍛冶屋さん『二見屋忠造商店』さまよりご提供頂きました。(リンク先はFacebookページになります)

mc31.jpg

この木は山桜。斧やくさびを駆使して割って行きます。

mc32.jpg

うまく行きそうでなかなか手強い。皆で順番に作業しました。気分は何だかスイカ割り。

mc33.jpg

たったこれだけの作業にも汗、力が必要なのですよね。

mc34.jpg

それでも皆の協力の下、無事割る事が出来ました。カット面を綺麗にすべく、この後、チェーンソーで表面を少しならします。

mc50.jpg

前日のハイキングでは生えている木を見ながらそれぞれの木の特徴について掘り下げていましたが、2日目はさらに材料として活かすべく、丸太からどのように材をとるか? という実習です。

mc49.jpg

製材後の乾燥や割れが入ることなども見越した上で、最終的に作りたいものができるよう形を整えて行きます。(この木は皆で割った山桜。)

mc51.jpg

こちらは柿の木。これはなかなか硬いなぁ、と思ってたら…

mc52.jpg

このさざんかの木、柿の木以上のかなりの強者で、3人交替でカットしました。カットし終えた後の達成感はたまりませんね。お疲れさまでした!

細い木(サザンカと柿の木)は、まず割りたいラインにノコギリである程度切り込みを入れて、それからそこをきっかけにして斧とハンマーで割りました。斧を入れる前に更に丸鋸で切り込みを入れるともっと割れやすくなります。

mc53.jpg

そこから斧を入れて薪割りの要領で半分にしたり、小さくしたり、自分の作りたい形に成形していきます。

mc54.jpg

斧で割った跡は綺麗ではないので、鉋をかけて形を整えていきます。

mc56.jpg

改めて登場、大鋸さん。この大鋸さん、お店の看板として活躍されていたもので、長く使用されていなかった為に刃先にサビがついていたので、予め湧口さんがサビ落としを施しました。

mc60.jpg

そうして汗流して頑張った成果の一部です。皆さん、お疲れさまでした。これはまた次回以降のマチモノワークショップにて続きの作業に入る事となります。

今回、木を学び、材料を知った上で作りあげていく、それも丸い木から作り上げていく、これはすごく大事な事だと感じました。自然と向き合い、材料から作って行くのはとても時間がかかる事だけれど、そこから得られるものは莫大なものですよね。

この製材された木がひとつの作品になるまで、またこちらで報告させてもらえたら、と思っています。

mc61.jpg
この日のランチは前日に仕込んでおいたカレー。前夜に残った素揚げしたじゃがいもも加え、さらにはハーブ類も入れてコクたっぷりマイルドで美味しいカレーになりました。

mc55.jpg

外で食べるご飯は本当に美味しいし、何より皆で食べるご飯の美味しかった事!

mc58.jpg

製材も一区切りついた頃、染色ワークショップも始まりました。今回染色に使用したのはモッコク。モッコクについてはコチラをご参照ください。

mc63.jpg

もう一つは入れ過ぎちゃった鉋屑、以前マチモノワークショップでも大活躍だったケヤマハンノキ。
その時の様子はコチラを見て頂けるとありがたいです。

mc64.jpg

どちらもとても綺麗な色を見せてくれました。

mc65.jpg

水洗いして色を落ち着かせます。

mc66.jpg
完成しました!

今回のキャンプでは衣(染色)食(野草料理など)住(製材)を自然から学んだ素晴らしい機会でした。
ご参加くださいました皆様、本当にお疲れさまでした。

また皆さんとものづくりについて向き合える場を少しずつでも拡げて行けたら、そんな風に感じました。素晴らしいひとときを共有出来てまた自信を付ける事が出来ました。機会ありましたらまた皆さん、よろしくお願い致します。本当にありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

category: マチモノキャンプ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/57-f45abd7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。