FC2ブログ

マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

マチモノお花見*2015  

11084246_348944391973178_4302836006774017022_n.jpg

今年は桜の開花が例年より早かったですね。かねてよりマチモノでも「皆さんとお花見がしたいね」と言っていたのですが、なかなか日程の調整が付かず、急遽4月4日の開催となり、皆様にも突然のお誘いになってしまった事をお詫び致します。申し訳ありませんでした。

午前中に少し雨が降られてしまったのですが、すぐに止んだので、マチモノお花見開催決行する事にしました。

P4040261.jpg

突然のお誘いだったにも関わらずいらしてくださった皆様のおかげで和気あいあいとした楽しいひとときになりました。

本当にありがとうございました。

上の写真を見ていただけるとわかるのですが、桜の木(手前と奥、さらに奥の3本の桜の木)にヒモが掛けられています。

これは来年、ここの団地環境整備工事により伐採が決定しています。

そしてその桜、よく見てみると木の根元には大きなサルノコシカケが。サルノコシカケは樹木を腐朽させるキノコであり、このキノコが生えているということは幹の内部が腐朽していて、幹折れの危険性が高い事のシグナルです。大きな木で見事な花を咲かせているのですが、決して健康な木とは言えないようです。

マチモノでも今、この団地の木に関わらせていただいてる事もあり、この最後の桜を堪能すべく、ここでのお花見を開催する事にしました。

IMG_9968.jpg

春はいろんな芽が出てくるわくわくする季節です。近く目を凝らすと色んな野草がいっぱい!!

IMG_9869.jpg

つくし、ふきのとう、スギナ、柿の若芽を収穫しました!

P4040253.jpg

近くの野草を使って、ごちそうをこしらえてみました。真ん中のお鍋はカレーです。カレーのルーを燻製にしたもので調理しました。

IMG_9965.jpg

その燻製のチップも去年寿命の為に伐られた桜のチップです。

その桜の事はこちらに記載しています→2013.11.14『桜が生まれ変わるとき』2013.12.4『桜のお引っ越し』2014.4.29『桜とケヤキ、その後』

この桜の木、とってもいい香りがします。

IMG_9963.jpg

カレーに入れる牛すじ(カレー粉をまぶしています)、そしてカレールーを燻しました。家の中は燻されてる香りだか、カレーの香りだか、一体どんな香りがするのやら…な状況でした(笑)

P4040266.jpg

他、ゆで卵、チーズ(チーズは溶けてしまう可能性があるので温度管理に注意が必要です)、魚肉ソーセージも燻製にして、カレーのトッピングにもよし、そのまま食べてもよし♪(これらをのせているカッティングボード兼、器も実は昨年伐られた桜なのです☆因みに上の写真の天ぷら、フライドポテトがのっているのも同じ桜の木です♪)

去年伐られた団地の桜がこうして帰って来たように感じます。

P4040263.jpg

あいにくの曇り空でしたが、時折舞う桜に風情を感じました。

IMG_0018.jpg

桜の花びらがお料理に彩りを♡

IMG_0019.jpg

ちびっこは綺麗な泥だんごの作り方を教えてもらいました!!ちょっと投げても壊れない!!

IMG_0025.jpg

その後、ちょっと肌寒くなって来たので場所を移して二次会へ、そこで作りそびれていたふきの茎を使った野蕗のお浸しを。(左上)

いつも思うのはいらしてくださる皆さまの引き出しの広さと深さに驚かされます。こうしてこのブログを見てくださる皆さまもきっと色んな引き出しを持ってるからこそ、このマチモノに興味を持っていらしてくださると思うのです。

是非、よかったらマチモノに遊びにいらっしゃいませんか☆そしてお話を聞かせてもらえたら嬉しいです♪


関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木・木材

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/78-bf5b9ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。