マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

「カフェ aona 」東京の街で伐られた木、12樹種に会えるカフェ  


「街で伐られた木を活かす」という取り組みの成果が、ここにひとつの形になりました。

machinoki041414.jpg

京王線調布駅前に今月オープンする子育て支援施設、「こどもとフラット」の半分を占める大型飲食施設「Cafe aona」(運営:NPO法人ちょうふ子育てネットワーク)、ここで使われる家具のほとんどが、調布市、世田谷区、大田区の各地で伐採された街の木で作られました。

machinoki041401.jpg

世田谷区桜新町で伐られたエノキの巨木、冒頭写真の大きなテーブルは、この木で作りました。エノキの隣に倒れている桜の木は、客席テーブルの天板や椅子になりました。(製作:湧口善之、株式会社 建築と木のものづくり研究室

machinoki041409.jpg

桜のテーブルと桜の椅子。桜は伐採時の写真でもわかる通り痛みが激しく、痛んでいない部位を選り分け選り分け、ようやく出来たのがこれらの椅子とテーブルです。この現場では他にも山桜やソメイヨシノなど何本もの大きな桜の木が伐られましたが、みんなこのaonaに戻ってきています。

machinoki041403.jpg

aonaと同じ調布市で回収したケヤキ。椅子とテーブルやちゃぶ台の脚になりました。このトラックに載っているのは左からスダジイ、柿の木、栗、揚げている途中の丸太がケヤキです。スダジイは椅子に、柿の木と栗は椅子とちゃぶ台の天板になってaonaに戻ってくることができました。

machinoki041413.jpg

ちゃぶ台:柿の木、エノキ、ケヤキ、栗、桜(樹種不明)、山桜の6樹種を使用。

machinoki041406.jpg

たくさんある椅子は、桜(樹種不明)、山桜、栗、ケヤキ、エノキ、夏みかん、スダジイ、モッコク、柿の木と9種類の街の木で。街のあちこちに生えていた異なる種類の木々、皆それぞれに材の質感が異なって個性的なのですが、不思議と森のように調和しています。

machinoki041416.jpg
(はんこ製作:Garage Yokoyama エノキにはいつもたくさんの小鳥が集まっているのです。)

ここで出会える街の木は、エノキ、山桜、樹種不明の桜2種、ケヤキ、栗(食用栗)、柿、ナツミカン、スダジイ、モッコク、クスノキ、クロマツの12種類。それぞれの家具の目立たない所に、樹種とその木が生えていた場所が記された小さなプレートを付けましたので、探してみて下さい。

machinoki041417.jpg

カフェ aona」、4月21日オープンです。子育てをテーマとする施設内にありますが、どなたでも利用可能です。お料理も素晴らしく、お母さんが毎日子供に食べさせたいと思うような、愛情溢れる家庭料理です。価格もリーズナブルなので、近所にお住まいであれば毎食ここでもいいくらい。

お近くの方はもちろん、とりわけ木や木工、家具やインテリアに興味があるという方は、ぜひ遠くからでもいらしてみて頂ければと思います。

関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木で家具作り

tb: 0   cm: 1

コメント

こんにちは!aonaのページからこちらに来ました。先日aonaで友人とランチをした際にすごく素敵なテーブルやチェアを拝見し、自然のままの色合いで違う木が使われているのはなぜだろう・・・?と思っていました。はんこプレートもその際に見つけましたよ!疑問に思っていたことがこちらで解決しました!そして、すごく素敵なストーリーに思わずコメントせずにいられませんでした。今度は家族でaonaに行って主人や息子に話してみますね。これからも陰ながら応援しています。頑張って下さい。

URL | kanako #la99r4Qk
2015/07/01 15:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/81-6f30008e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)