FC2ブログ

マチモノ(街の木ものづくりネットワーク)

伐った木を捨てないで! 素敵なものを作れるよ!  ずっと一緒に暮らしてきたのに、伐ったらゴミってそれでいいのか? マチモノでは、街で伐られた木をものづくりの素材として活かす活動をしています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

街の木を見つめる〜ケヤキのものがたり・2〜  

keyaki_cut1m.jpg

前回、ケヤキの事をお話したとき、今まで回収してきたケヤキを思い出しました。

樹形は扇型に広がっています。街の木のケヤキは大概大きいので、葉っぱを確認したくとも、脚立がなければ葉っぱを調べる事が出来ないのが悩みの種でもあります(^m^)鋸歯が特徴的です。

keyaki_cut2 1m

これまでも街の木から街へ還っているケヤキ。今も色んな場面で活躍しています。その中でも調布の団地のケヤキについてさらに思い出して振り返ってみました。

keyaki_cut3m.jpg

それでなくても重機の装備のない状態だと言うのに、周囲は歩道で車が乗り入れられない状況。にも関わらず75歳の(思わずお年を言ってしまって申し訳ないのですが、あまりにもビックリしてついつい強調してしまうんです)木こりさんは焦らず慌てる事なく、かと言って危険と背中合わせな作業なのでピリピリしながらも鋭い機転を利かすのです。そこがまたカッコいいのです。

そして改めて当時の写真などを見て振り返るとこのケヤキも、無理矢理剪定を行った為にあちこちから細い枝が伸びていて、さらに伐った所から腐朽菌が侵入し、至るところに傷みがあり、しみじみ「よくぞここまで頑張って来られて…」と労わずにはいられません。隣に元気に伸びてるケヤキが並んでいただけに余計にそれは感じさせました。

とか言いつつ、伐採当時、何も知らなかった私(ヨコヤマ)はただ漠然と「こんなに穴が空いてちゃ仕方ないよね〜」くらいの浅く薄っぺらい認識でした。お恥ずかしい限りです。

この時の様子を以前ブログでも話してます。よかったら見てください。
2014.4.19『桜とケヤキ、その後』

そしてこの重たい丸太を車に積載する様子を説明した事も話してます。
2014.4.5『重い丸太を人の力で車に積む方法』

これからも街のあちこちのケヤキが皆さんの元に還って来れるような活動をして行きたいです。ケヤキに限らず他の木たちも。そうする事で自分の街をより愛おしく思えたら素敵ですよね♪

次回はケヤキのものがたり・3『街の木に触れる』と題してお届けさせていただきます。(さらには以前手掛けた桜、そしてカヤの木、と色んなものがたりをお話していく予定です☆よろしくお願い致します)

HP:http://machimono.web.fc2.com/
Facebook:https://www.facebook.com/Machimono
Twitter:https://twitter.com/Machimono
関連記事
スポンサーサイト

category: 街の木のこと

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://machimono2013.blog.fc2.com/tb.php/92-827cb594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。